清水保育園

千葉県香取市の保育園【清水保育園】|社会福祉法人 清水福祉会

入園をお考えの方へ

 

千葉県近未来保育研究所

 

天台宗 弘富山 福聚海院 清水寺

 

HOME»  森の保育

森の保育

活動内容

子どもは、人や物と直接かかわるなかで具体的な体験を積み重ね、興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うことが大切です。それにもかかわらず、現代の子どもが育つ環境は急速に都市化と人工化が進んできて、自然の中で遊ぶことができなくなってしまいました。
作家の養老孟司さんが、さまざまな講演で「子どもは自然と隔離されて育たない」と言われているように、映像や絵本によるメディア化された自然体験では、子どもは自然から本当のことを学ぶことができないのです。
また、アメリカの海洋生物学者レイチェル・カーソンさんは、『センス・オブ・ワンダー』というエッセイの中で、子どもたちと自然の中に出かけ、神秘さや不思議さに目をみはる感性(センス・オブ・ワンダー)を育み、分かち合うことの大切さを伝えています。この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、人工物へのこだわりなど、心の病巣への解毒剤となるのです。子どもにとって、「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではありません。子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生み出す種子となり、さまざまな情緒や豊かな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌となるのです。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。
本来人間は、自然や森林との深いかかわりのなかで霊長類としての進化の歴史を持って生まれてきます。自然の中だからこそ学べること、感じることなど、森の保育では自然の中での幼児教育や保育に共感する人々が集まって活動を展開していきます。

■森の保育で学ぶこと


森の保育  
 自然の中には発見が
         いっぱい
 
     現代社会において、私生活の中には
     自然と触れ合って遊ぶということが
     少なくなってきました。
     自然の中だからこそ学べること、
     感じることなど、森の保育では
     自然の中での育児教育や、
     保育に共感する人々が集まって
     活動を行ないます。
森の保育  
森の保育で学ぶこと

例)とある森の保育の活動

―活動内容―
 水辺の生き物を探そう!
 グループごとに田んぼの周りの水生生物を探し、捕獲する。
 捕獲した水生生物を観察し、スケッチをする。

―目標―
 水辺に住んでいる生き物に興味を持ち、その生態を知る。

―ねらい―
 園児:年長の自覚、グループ行動、発想や創造を体験する。
 先生:プログラム化された自然体験、グループ内での
     先生の立ち位置を考える。

―持ち物―
 ・簡易的な救急セット ・捕獲した生き物をいれるバケツ
 ・生き物を入れて観察するための小さな入れ物
  (ゼリーのカップのような物)
 ・ぞうきん ・捕獲アミ ・A4の紙 ・クレヨン ・画板
 その他:昼食、手洗い水など 
  森の保育

―活動の様子―
 子どもたちは、水田脇の水路に生息する水生生物を網で
 夢中になってすくい上げていた。
 捕まえたイモリやドジョウを空き瓶に入れて覗き込むと
 「見て見て!」「うわぁ~」と歓声が上がった。
 室内では大人しい子どもたちも、外では大きな声を発し
 目の輝きが増していた。
 
  
 森の保育では特に決まったテーマはありません。
 自然を使った遊び、発見など、子どもたちの
 感性を伸ばすような遊びをします。
 
その他写真はこちら

 

活動日程


 

 

※荷物や日程の詳細についてはお問い合わせ下さい。

リンク

千葉県近未来保育研究所

 

お問い合わせ

お問い合わせ