清水保育園

千葉県香取市の保育園【清水保育園】|社会福祉法人 清水福祉会

入園をお考えの方へ

 

千葉県近未来保育研究所

 

天台宗 弘富山 福聚海院 清水寺

 

HOME»  園について

園について

経営理念

子どもたちは、豊かに伸びていく可能性をその内に秘めています。 私たちは、子どもたちを信じて一人ひとりの子どもたちを見つめて待ちます。
安心できる場所で、自信をもって活動に参加し、自由に自分を表現できる環境では、子どもは主体性をもって、自分が主人公になって楽しく遊び、いろいろなことに興味や関心をもつようになります。そして、心を許せる大人に見守られながら、自信をもって自ら挑戦し、最後までやり抜くことができるようになります。
このようにして私たちと子どもたちの間に生まれた信頼関係は、そのつながりが友だちや異年齢児との関係に広がり、地域の人たちとの交流へとつながっていく中で、自分を大切にする心やきっと誰かが助けてくれるという基本的信頼関係が生まれます。
このような信頼関係の中で育まれた共感する心は、物・人・自分と対話する自我を育み、みんなといると楽しいこと、思いを実現するには仲間が必要なことへと成長していきます。
子どもは人との関わり合いを通して、悩み、考え、挑戦しながら、思いやりや我慢すること、ルールを守って人と協力して新しいものを造り、問題を解決していくことができるようになるのです。

一人ひとりの個性に向き合いながら、小さな目標を達成した喜びを積み重ね、自信をもって未来に向かって歩む子どもを育てるには、将来の大人の理想像を描くことが必要です。
この保育園が描いている大人の理想像には、次の三つがあります。

1、自分で生活し、食べていける人になること
2、幸せで、安らかな家庭を築ける人になること
3、平和を願い、社会に貢献できる人になること

今必要なことだけではなく、未来の人を育てる長い視点にたって、子育てを考えていきたいと思っています。
 

【本年度の保育テーマ】
MOVE=動く

 

【サブテーマ】
おもしろそう、やってみよう、じっくりと!!

 

【本年度の重点目標】
見守られている安心感の中で、自分のペースで成長できる環境づくりをする。

 

子どもの発達段階に応じた保育を実践します
園の保育計画は、0歳児をはじめ、1歳児、2歳児、3歳児、4歳児、入学前の5歳児と、発達に応じた保育目標を達成するために、年間の計画を中心に月間保育計画、週案、日案を作成し、保育を実践します。

 

愛情一杯で子どもの芽生えを培うように努めます
保育にあたっては母親に代わる優しい愛情を一人ひとりに心がけ、それぞれの基本的生活習慣の自立と、健康、人間関係、環境、言語、表現など、子どもの生活経験を通じて道徳性や創造力、思考力の芽生えを培うように努めます。


たくさんの経験を通じて自ら成長していける環境を提供します
解放された雰囲気の中で、自然や生活の課題に取り組み、子どもは自らの経験を積み重ねながら成長していきます。その経験を豊かなものにしていくために、自らできる活動を環境づくりの中で工夫し、楽しく遊び成長してゆく場を提供します。

 

延長保育について

 

保育目標

 

1. じょうぶな心と かしこい身体で 未来に向かって歩む子ども


【未来志向性】
「自己肯定感を持ち、感情を豊かに表現し、自分に自信を持っていること」
人間はみな生まれながらにしてみずみずしい個性、感性、生命力、能力、美しさを持っています。情緒の安定した環境のもとで、そのあるがままを受容し、表現し、愛情豊かな大人がその資源に働きかけることによって、肯定する心や尊敬する心が芽生えます。その心の居場所としての安全基地(自分の居場所)を自ら広げる活動を通して、自分に自信を持ち自我が生まれます。
自我形成は、人として生き、新しい価値観を創造する人間の基礎になります。そのためには、自分で考え、自分で悩み、自分でしかり、自分を励まし、自分をかわいがりながら、きつい問題でも何とかこなせる「じょうぶな心」と、好き嫌いが解り、状況を感じ取って危険を回避して幸運を呼び込める「かしこい身体」を育てることが必要です。
 

2. 自ら探究し 自ら発見し 自ら体験し 最後までやりぬく子ども


【主体性】
「感動する体験が意欲や創造性となり、やりぬくことが自己実現につながる」
子どもは、感動する体験から意欲や能動性を起こし、表現活動や創造性を豊かにしていきます。そのためには、開放感と自由が保障される環境の中で自ら探究し、自ら発見し、自ら体験する空間と時間と場所が必要です。
自分で決めて行動すること(自己決定)により、自己実現が達成され、そこから責任感が育ち、みんなに貢献する気持ちが生まれます。これらの意欲や責任感は、知識や道徳性の土台となる大切な資質です。そして、最後までやりぬくことによって自分に価値があることに気づき、自己評価が高まり、自己完結性を育てます。
 

3. 共感する 対話する 協働する 創造性あふれる子ども


【向社会性】
「人の気持ちが解り、物,人,自分と対話して、協働しながら豊かな創造性を育てる」
子どもの内に秘められている可能性を引き出し、望ましい未来をつくり出す力の基礎は、人と人との関わりの中で育まれるものです。保育者や友だち、異年齢児、そして、地域の人との関わりの中で集団に参加し、その中で自分の居場所を見つけて社会性の基礎が育まれ、やがて同じ目的意識が芽生え、思いやりや我慢することを学び、ルールを守って人と協力して新しいものを造り、問題を解決して行く能力が育ちます。
 

 

 

保育時間と保育料について

■ 通常の保育時間


保育短時間認定  8:30~16:30        保育標準時間認定  7:00~18:00

 

 

■ 延長保育について(時間外保育について)


当保育園では、平日18:30まで時間外保育を行っております。
土曜日も開園しておりますが、ご両親とも仕事等で家庭保育ができない場合に限り、土曜日保育を実施します。
利用を希望される方は、担任へお申込みください。

 

  保育短時間認定 保育標準時間認定
7:00~8:30  
帰り(平日) 16:30~18:30 18:00~18:30
帰り(土曜日) 16:30~18:00 18:00

 

■ 園生活についての諸注意


 

1.年齢に応じて、自分のことは自分でできるようご指導下さい。
(衣服の着脱・洗顔・歯磨き・手洗い・水洗(和式)トイレの使い方など)

2.自分の思っている事が、先生やお友達にはっきりと言えるようにしましょう。

3.お友達と仲良く遊べるようにしましょう。

4.何でも食べられるように、嫌いなものも工夫して食べられるようにしましょう。

5.朝や帰りの挨拶、名前を呼ばれたら、「はい」と返事できるようにしましょう。

6.アレルギー体質や持病・投薬については園にお知らせ下さい。

7.家庭内でのトラブルや怪我・病気などは、園にお知らせ下さい。

8.育児の心配事や発達の遅れなど、気になることは園にご相談下さい。

  園生活についての諸注意